債務整理キャッシング
カイロの建築(May 2005)
このページの一番下へ
the great pyramid of Giza
ギザのピラミッド。実際に見てみた印象は「山みたい!」
sphinx
スフィンクスと第二ピラミッド(カフラー王のピラミッド)
stained glass
聖ジョージ修道院
「ステンドグラスの光」を撮ってみた。
Amru mosque
アムル・モスク
アフリカ大陸で一番古いモスク。
とても快適な空間だったのが印象に残っている。
ここが今回の訪問した中で一番気に入ったモスク。
Ibn Tuluun Mosque
イブン・トゥールーン・モスク(879年)
螺旋型ミナレットが有名。ちなみに、このタイプのミナレットは世界に三基しか残っていない。(残り2つはイラクにあるので当分見ることはできない…。)
Madrasa of Sultan Qalaawuun(1284)
スルタン・カラウーンのマドラサ複合体(1284年)
ほぼ同時代のロマネスクやゴシック様式のキリスト教会と似ていると思う
ちなみに、当時は「13世紀世界システム」が成立していた時期で、ユーラシア大陸中の交流が活発化していた時期。だから、こうしたものができたというのが私の仮説(見解)。
Madrasa of Sultan Al Nasil
スルタン・アル・ナーシルのマドラサ複合体
カラウーンの隣にある建築の扉口もゴシックの教会堂風です。
Mosque of Sultan Hasan and Rifai Mosque
スルタン・ハサン・モスク(右)とリファーイ・モスク(左)
イスラーム世界の建築としては異例とも言うべき高さとボリュームのある建造物。
イスラーム建築でも、例えば、サマルカンドのティムール朝建築もビビ・ハニム・モスクなど大きなものは少ないながらも存在するが、こちらの方が圧倒的なボリューム感を感じさせる。
Mosque of Sultan Hasan(1356-68)
スルタン・ハサン・モスク(1356〜1368)の中庭
アムル・モスクやイブン・トゥールーン・モスクのような古典的な「多柱式モスク」とは異なり、ペルシャ(イラン)起源の「チャハール・イーワーン形式」の中庭を持つ。ちなみに、「チャハール」とはペルシャ語で「4」という意味で、チャハール・イーワーンとは、4つの「イーワーン」(奥が壁になっている開口部)で囲まれている形式のことを言います。
Mosque of Sultan Hasan(mosque lamp)
スルタン・ハサン・モスクのモスク・ランプ
壁に書かれたコーランの一節も美しい。
an ornament of Rifai mosque
リファーイ・モスクの装飾
Madrasa of Sultan Barquq(1384-86)
スルタン・バルクークのマドラサ(1384-86年)
Muayyad is-Sheikh mosque(1415)
ムアイヤド・イッシェイフ・モスク(1415年)
Muayyad is-Sheikh mosque(stalactite)
ムカルナス(鍾乳石飾り)が美しい。
Muhammad Ali Mosque(1857)
ムハンマド・アリ・モスク(1857年)
イスタンブールのブルーモスクを模倣した作品。
Muhammad Ali Mosque
このモスクはモスク・ランプが美しいです。
このモスクはエジプトのツアーでは必ずというほど立ち寄るところですが、このモスクはエジプトのモスクを代表するものとは言えません。ほぼ完璧なトルコ風モスクなので。



TOPへ ドバイ カイロの街と人
inserted by FC2 system